雑記

水筒を持ち歩くだけで年間5万円の節約に!?【誰でも出来る簡単節約術】

f:id:vilar5275:20160112183448p:image

出典元 www.irasutoya.com/

僕は毎日ほぼどこへ行くのにも水筒を持ち歩いています。水筒を持ち歩きはじめてから、外でペットボトル飲料買う機会がほとんどなくなりました。

毎日ペットボトル飲料を買っていると意外にも出費はかさみます。

明日から水筒を持参して大学や、会社に行くと、みんなが自販機で飲み物を買っていても、水筒のお茶を飲むことになります。

これって実は簡単ですぐにできる節約方法です。

実際どのくらいの節約になるのか

一日一本ペットボトルの飲み物を、昼食のときに買っている人の場合

150円×365日で54,750円

一年に5万4千円!これってすごくないですか?

飲み物にこんなにお金を使っていたとは。

 
水筒を持ち歩いた場合

 ぼくがいつものんでいる伊藤園の麦茶のティーバックが、54袋入りでAmazonで587円です。

一つのティーバックで2Lのお茶が作れます。500mlのペットボトル4本分です。

単純計算で毎日500mlずつ水筒につめて持っていったとして、216日分のお茶が587円で作れます。

500mlあたりの値段が587÷216で約3円です。

3円×365日で1,095円

実際には、家でもこのお茶を飲むので年間で2000-3000円といったところでしょうか。

店で飲み物を買う習慣がなくなる

 僕は水筒を持ち歩くようになってから、外で飲み物を買う習慣がなくなりました。

なぜなら、単純にもったいないからです。

もともとそんなにジュースが好きではないので、ペットボトルの飲料に150円払って買うのはとてももったいなく思います。

もちろん、カフェに行ったり、水筒のお茶を飲みきってしまった場合は、飲み物を外でも買います。

不用意なペットボトルの購入を避けることで、簡単に節約ができます。

まとめ

実際、節約してるっていう感じはあまりないので、無理なく続けられて、エコな水筒節約。
 
 
水筒はニトリで買った1000円のものを使っていますが、漏れることもないし、必要十分です。

 
飲み物を買う手間や、コンビニや自販機を探す手間も省けて、一石二鳥です。
ABOUT ME
トントン
トントン
漫画、映画、アニメなどサブカルチャーを幅広く紹介するブログです。 お問い合わせはこちら:today.tonton@gmail.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です