音楽

夏フェスの持ち物リストと服装まとめ!フェス初心者なら最低限これだけは持っていけ!

もうすぐ夏フェスの季節です。サマーソニックに、フジロックなど大型のフェスもあるので楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

毎日夏フェスに行っている僕が最低限これだけは必要だと思う持ち物と、服装について書いていきます。

どのフェスにも持っていくべき必需品

まずは持ち物についてです。フェスの種類によって持ち物も若干変わりますが、まずはどのフェスでも必ず必要な必需品を紹介します。

ウエストポーチ

フェスではライブ中には常にウエストポーチを携帯しておくとよいです。リュックサックはクロークというロッカーに預けて、必要最低限の物だけウエストポーチに入れましょう。
リュックサックはライブでは邪魔になります。ウエストポーチなら、携帯電話と小銭入れなどの必要最低限の物を持ち運びながら、モッシュの激しいライブでも楽しむことができます。
僕はニューエラのウエストバッグを使っています。チャックが付いているものを選びましょう。

小銭入れ

小銭入れは必ず用意しといたほうがいいです。フェスではいつも使っている財布を持って行かずに、小さな小銭入れに最低限の物だけを入れていきましょう。
万が一紛失した時のリスクがかなり減ります。

着替えとタオル

フェスでは大量の汗をかくので、帰りに着るTシャツを持っていきましょう。ライブ会場でTシャツを買うのもいいです。
ライブ中はタオルがあると、汗を拭くことができるので役に立ちます。また雨が降った時にも役立ちます。

ビニール袋

ビニール袋があると、濡れた服を入れることも出来るし、大きめの袋ならば、レジャーシート的に使うこともできます。

モバイルバッテリー

フェスで携帯の電池が切れたら、友達と会えなくなるので荷物にはなりますが、持っていくことをおすすめします。
小型のバッテリーを買えば、日常生活でも使えるし、便利なのでおすすめです。僕が愛用しているモバイルバッテリーはこちら。Amazonでも圧倒的なレビューの数です。

野外フェスに必要な物

野外フェスは室内のフェスと違って、炎天下に一日中いることになります。

帽子

野外フェスでは必ず帽子を持っていきましょう。折りたたんで鞄に入れることができるように、バケットハットがおすすめです。

日焼け止め

ずっと野外の炎天下に入るので、日焼け止めは必須です。男性も必ず持っていきましょう。

ビニールシート

野外フェスではビニールシートを敷いて、休憩できるフェスもあります。地べたに座るのはつらいので、ぜひ持っていきましょう。フェスによってはビニールシートによる場所取りが禁止されている場合もあるので注意してください。

あると便利な物

次にフェスで持っていくと便利な物を抜粋して紹介していきます。なくてもいいけど、あるとフェスの快適さが全然違います。

ジップロック

ジップロックに携帯電話や、フェスのパンフレットなどを入れれば、汗などによる水濡れの防止になります。100円ショップなどに売っている者で十分です。

ペットボトルホルダー

ペットボトルをズボンに固定できるホルダーはあると便利です。僕はゼップなんばでもらったペットボトルホルダーを愛用しています。

汗ふきシート

女性の方は特に汗のにおいなどが気になるでしょうから、荷物に余裕があれば持っていくとよいです。シーブリーズなどの液体タイプのものはカバンの中でこぼすのでおすすめしません。

【SPONSORED LINK】

 

絆創膏

万が一ケガをした時にも使えますし、靴擦れした時に重宝します。3つくらいカバンに仕込んでおけば思わぬ時に役にたちます。ウォーターブロックのものがおすすめです。

レインコート

安くて、小さく折りたためるレインコートがあると雨が降った時に安心です。フェスの会場では傘が差せないので、注意してください。
以上がフェスの持ち物のリストです。もちろんですが、現金、チケット、保険証や、水などは忘れずに持っていきましょう。次はフェスでの服装についてです。

フェス初心者におすすめの服装

はじめてフェスに行く人は、服装で悩みますよね。実際僕もはじめてフェスに行くときは迷いました。そのときは普通のジーンズにTシャツで行ってまあまあ浮いていました
浮いているだけならいいのですが、暑くて動きにくいのでフェスに適した服装で行きましょう。怪我の防止にも繋がります。

Tシャツ

言うまでもありませんが上はTシャツがベストです。ほとんどの人がTシャツです。ライブ会場で好きなアーティストのTシャツを買うのがおすすめです。

ディッキーズ

ディキーズのズボンがライブ好きの間で人気です。とても丈夫で動きやすく、ポケットにもたくさん物が入ります。
また、カラーバリエーションも豊富なので個性を出すこともできます。半分以上の人がディッキーズのパンツを履いている印象です。

スニーカー

靴はヒールや厚底はNGです。またサンダルもおすすめしません。フェスでは人が密集して踏まれてケガをする可能性が高いからです。
おすすめの靴はランニングシューズ、コンバース、そしてランニングシューズも動き易くていいです。僕はランニングシューズでいつもフェスに行っています。

服装まとめ

Tシャツにハーフパンツそしてスニーカーというのが基本的なスタイルです。女性の方は、タイツにショートパンツという組み合わせも動きやすくていいと思います。
着替えについては、必ず持っていくことをおすすめします。Tシャツ1枚あれば不測の雨などにも対応できます。また、先にも書いたように野外フェスでは帽子が必需品です。

まとめ

最後に今回紹介した持ち物をまとめて終わりにしたいと思います。Amazonなどで買えるものも多いので是非チェックしてみてください。

必需品

  • ウエストポーチ
  • 小銭入れ
  • 着替えとタオル
  • ビニール袋
  • モバイルバッテリー

野外フェス

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • ビニールシート

あると便利な物

  • ジップロック
  • ペットボトルホルダー
  • 汗ふきシート
  • 絆創膏
  • レインコート

今年はじめて夏フェスに行く人も、毎年行っている人も参考にしていただけたら幸いです。出発前に忘れ物がないか必ずチェックしましょう。

おすすめ関連記事▼

ヤバイTシャツ屋さんというバンドが2016年ブレイク間違いなしの理由! 【おすすめ曲紹介】

Amazonで「本当に買ってよかった捗るもの」をまとめて紹介!【2016】

Amazonプライムビデオでおすすめの映画ベスト50を年間100本以上映画をみた僕が紹介!

月額500円でプレミアリーグ全試合が見放題の「スポナビライブ」がスポーツ好きには最高!

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です