ゲーム

7/22日本配信!「ポケモンGO」の基礎知識とTwitterの反応まとめ!

f:id:vilar5275:20160713154019j:plain

今世界中で大人気になっているポケモンGOを最大限楽しむための予備知識をまとめていきます。僕たちポケモン世代にとってこのまったく新しい形のポケモンゲームのリリースと、大反響は嬉しいものがあります。

今週中には日本での配信がされると言われています。はやく日本でもプレイできるようになってほしいです。本記事では現時点でわかっている情報と、Twitterでの反応をまとめていきます。

※7/22の10時半ごろに日本での配信がスタートしました!

『Pokémon GO』とは

f:id:vilar5275:20160713160851p:plain

ポケモンGOは、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲームです。 このゲームはモニターの中だけで完結せず、プレイヤーは実際に家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーと出会ったりしながら楽しむことができます。 元々『ポケットモンスター』シリーズは、ポケモンの交換やバトルといった要素によってプレイヤー同士が繋がる、ゲーム内で閉じないことを大事にしてきたゲームです。 『Pokémon GO』は、そんなポケモンの世界を更に拡げ、これまで以上にリアルとバーチャルを行き来しながら楽しむことのできるゲームになります。 『Pokémon GO』は、AndroidとiOSにて、2016年サービス開始予定です。 基本プレイは無料、アイテム課金有りのサービスを予定しております。

今までのポケモンと違い、現実世界を舞台にしてポケモンを楽しむことができるゲームです。任天堂時価総額3兆円台を回復任天堂株価9,000億アップアメリカにメートル法を定着させつつある肥満問題の改善犯罪率低下などアメリカ社会を大きく変えるまさに社会現象と呼ぶべきゲームです。

実際に自分の住んでいる街を冒険してポケモンを見つけてゲットするゲームです。ポケモンGOは任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ位置情報ゲームで、実際に歩いて様々な場所に行く必要があるためアメリカでは引きこもりが家から外出するようになったそうです

日本では配信が遅れていましたが、7/22についに配信がスタートしました。はじめはAndroid版のみダウンロード可能でしたが、数十分後にiPhoneでもダウンロードできるようになりました。日本は大盛り上がりです。

ユーザー数はTwitterに匹敵

ポケモンGOは現在、米国、ニュージーランド、オーストラリア限定で公開中。開発元のNiantic Labsは予想外のアクセス集中により、グローバル公開を一時見合わせている状況です。全アンドロイド端末の5.6%にポケモンGOがインストールされており、Instagramなどの有名アプリをおさえてランキング堂々の一位です。f:id:vilar5275:20160713143825p:plain

このPVをとりあえずみてほしい

まずはこの映像をみてほしいです。ゲームの中のポケモンの世界が現実空間にやってきた様子はポケモンファンにはたまりません

実際の地図上にポケモンジムなどの施設が設置され、プレイヤーは街を歩き回りながらポケモンを探して遊ぶようです。

f:id:vilar5275:20160713152721p:plain

ポケモンバトルももちろんあります。ポケモントレーナーたちは3つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、『ジム』を取り合っており、プレイヤーはどれか1つのチームに参加できます。

f:id:vilar5275:20160713152749p:plain

実際のポケモンセンターの中にニャースが!画面上にあるモンスターボールをスワイプしてポケモンを捕まえることができます。

f:id:vilar5275:20160713153539j:plain

Twitterでの反応まとめ

日本のツイッターでも様々な反応がありましたのでまとめてみました。みんな日本上陸を待ち望んでいます。日本で配信されたときの盛り上がりは相当なものになるでしょう。

アメリカ人はさっさとメートル法に移行してほしいものです。

https://twitter.com/noa10www/status/752720511029813248

日本ではまだ遊ぶことはできないようです。日本での配信を待ちましょう。

7/22に日本での配信がスタートしました!サーバーにかなりの負担がかかっているようです。

故岩田社長の思いが詰まったゲーム

このゲームの原型は、2014年のGoogleのエイプリルフール企画にありました。Google Mapsアプリの中でモンスターを捕まえるゲームをプレイして、たくさん捕まえた人はGoogleに「Pokemon Master」という役職で採用されという企画があり、それが「ポケモンGO」の開発の出発点になったそうです。

外に出て遊べるゲームをつくりたいという岩田社長の思いが込められたゲームです。ポケモンGO開発の背景には岩田さんの子どもたちへの思いがありました。

まとめ

ポケモンとともに少年時代を過ごした人たちにとってこれほど嬉しいニュースはないのではないでしょうか。僕は早くこのゲームで遊びたくてうずうずしています。

もうポケモンを卒業してしまった人にも馴染みのあるポケモンばかりが登場するのもポイントです。おそらく後々は金銀クリスタルやホウエン地方のポケモンも追加されていくとは思いますが、現時点ではカントー地方のポケモンのみが登場します。

『進化のカケラ』というものを集めることができ、進化のカケラが一定量貯まると、ポケモン一匹を進化させることができるそうです。もちろんたまごから孵化させて育てることもできるので、ポケモンをやってきた人なら馴染みのあるシステムばかりです。

ついに日本での配信がスタートしたポケモンGO。菅官房長官が声明を発表するなどすでに社会現象になりつつあります。くれぐれも安全に気をつけて遊びましょう。

▼ダウンロードはこちら

iOS版 ポケモンGO

Android版 ポケモンGO

▼関連記事

vilar5275.hatenablog.com

vilar5275.hatenablog.com